薬用アットベリーの使い方で大事なポイント【必須!】

薬用アットベリージェルは口コミサイトでの人気の黒ずみケアジェルです。そんなアットベリーは、敏感肌でも乾燥肌でも使いやすい無添加素材で作られているという特徴があります。

そんなアットベリージェルを正しく使うために、この記事では大事な使い方のポイントをお伝えしていきたいと思います。

これを知らないと正直いつまで経っても効果が出ないかもしれません。

最後までごらんください。

 

薬用アットベリーは汚れを落としてから使う

薬用アットベリージェルを気になる黒ずみ部分に塗る前にちょっと待った!

塗ろうとしている肌はしっかりと洗いましたか?

 

黒ずみケアはいかに成分を角質層まで浸透させることができるかで効果は変わってきます。しっかりと効果を発揮させるためには、浸透の妨げになる肌の表面についている汚れを落とす必要があります。

 

夜に使う場合はお風呂で皮脂汚れを落としてから塗るのが大事なポイントです。

 

アットベリーを塗った後は手の体温で温めて浸透させる

 

薬用アットベリーを黒ずみに塗った後は、手で温めて浸透させてください。

といいますのも、アットベリーは熟成方式という熱により浸透させることができるタイプのジェルとなっていますので、必ず手で温めてくださいね。

 

2度塗りをして黒ずみを予防する

 

アットベリーは黒ずみを改善させる効果だけではありません。黒ずみを予防することも出来るんですね。ただし2度塗りをした場合のみ

 

  • 1回目で黒ずみをケアして
  • 2回目で黒ずみを予防

 

といったイメージです。

 

薬用アットベリーは2度塗りをして保湿効果を高めることで、外からの刺激を防ぎ、メラニン色素の生成を防ぎ、黒ずみを予防する効果に期待ができます。

 

継続して使うことが一番重要

薬用アットベリーの口コミを見ていると

  • 全然効果がなかった
  • 黒ずみに全然効果が感じられない

といったような悪い口コミが見られますが、私自身正直な意見としては、本当に継続して使ったの?といいたい気分(笑)

 

薬用アットベリーだけでなく、黒ずみケアで一番重要なのは継続して使うこと。

黒ずみを改善して美肌に戻すためには、ターンオーバーが必要です。ターンオーバーで肌が生まれ変わることでキレイな美肌に変化しますので、まずはターンオーバーの期間まで継続して使う事が必要です。

 

ターンオーバーは年齢によって期間がことなりますが、アットベリーを利用した人の口コミによると、平均1ヶ月以上はみなさん継続して使っているようでした。

ただ、

  • 汚れを落としてから塗る
  • 手で温めて浸透させる
  • 2度塗りをしてケアする

といったような正しい使い方をした場合に限ります。